Category
過払い金

2020.12.08 2021.06.15

その過払い金の勧誘は詐欺かも!巧妙な過払い金詐欺に注意しよう

過払い金について電話がかかってきたけど、これって信じていいの?
過払い金の詐欺かどうかを見分けるにはどうしたらいいの?

「過払い金(払い過ぎたお金)を取り戻せるかもしれません!」といったフレーズがテレビCMや広告で盛んにうたわれるようになっています。

これにより「過払い金」という言葉を耳にしたことがある人も多いでしょう。

過払い金返還請求をすることは、法律でも認められている正当な権利です。

しかし「過払い金」の知名度が高まったことに伴って、過払い金請求を偽った詐欺も発生しているようです。

過払い金請求を装った詐欺にはどのようなものがあるのでしょうか。

詐欺を仕掛けてくる相手や勧誘の手口、騙されないための対処方法など、詳しく解説します。

\ 24時間365日受付中!/

まずはお気軽にご相談ください

電話アイコン
0120-801-534
男性アイコン
女性アイコン

\いくら減らせるか知りたい/

電話アイコン 借金減額診断はこちら
  • 何度でも無料相談OK
  • 全国対応
  • オンライン面談も可能
借金減額診断とは?

ご自身の借入金額や返済状況をもとに、借金をいくら減額できるか無料で診断できるツールです。

「借金減額診断 3つの特徴」

  • 1分で簡単に診断できます
  • 診断後に無料で解決方法を相談することもできます
  • 24時間いつでも診断できます

過払い金の返還請求を装った詐欺とは?

過払い金の返還請求をすることで、貸金業者に払いすぎたお金を取り戻すことができます。

この「お金を取り戻すことができる」という点に期待してしまう人間の心理を突いて、過払い金請求を装った詐欺が発生しているようです

例えば、多重債務や借金問題を抱えている人をターゲットに「過払い金請求を代行する」といった電話をかけてくるケースです。

多重債務や借金問題を抱えている人にとっては、お金が戻ってくる、と聞けば興味を持ってしまうでしょう。

しかし、その内容は着手金を目当てで、金銭を要求する手口の詐欺である可能性が高いです。

このような詐欺では、弁護士や司法書士の身分を偽り、その上名指しで電話をしてくるケースもあるようです。

依頼されているわけではないのに弁護士や司法書士のほうから過払い金請求を持ちかけることは、原則ありません

身に覚えのない相手なら詐欺である可能性が高いと考えられます。

怪しい業者は相手にしない!過払い金詐欺はどこからされるの?

過払い金詐欺の誘いに乗ってしまうと、お金を奪われるなど被害を遭うことになってしまうでしょう。

相手のいうこと鵜呑みにせず、少しでも怪しいと感じたら、相手にしないことが一番です。

過払い金詐欺は、主に以下のようなところが仕掛けてくると考えられます。

  • NPO法人や裁判所を名乗る団体
  • 偽の弁護士や司法書士
  • 悪徳な弁護士や司法書士
  • 悪質な貸金業者

NPO法人や裁判所を名乗って連絡をしてくる場合

NPO法人(特定非営利活動法人)や裁判所を名乗る団体から連絡が来て、過払い金請求を勧誘してくる場合があります。

NPO法人や裁判所では、過払い金の相談や手続きの依頼を受けることは、原則できません

そのため、過払い金返還請求の連絡をしてくること自体、不自然であると考えられます。

こうした場合の多くは、過払い金請求を装った詐欺であると考えられるため、高額な着手金を要求してくる可能性が高いでしょう。

裁判所からの連絡となれば、ドキっとして思考能力を奪われてしまうかもしれませんが、身に覚えがないのであれば、冷静になって絶対に応じないようにしましょう。

弁護士や司法書士と偽って連絡してくる場合

詐欺をたくらむ相手が、弁護士や司法書士を名乗って連絡をしてくる場合があるようです。

本人が依頼しない限り、弁護士や司法書士から「過払い金返還請求をしませんか?」と持ちかけることは原則ありません。

こうした詐欺をしてくる相手は、過払い金が戻ってくることを口実に、ATMまで行かせてお金を振り込ませたり、過払い金返還のためと偽って口座番号や暗証番号を聞き出そうとしてきたりするケースがあるそうです。

過払い金返還請求では、本人にATMを操作させることや、口座番号の暗証番号を聞き出すようなことは、原則ありません

ATM操作の強要や暗証番号を聞いてきた段階で、オレオレ詐欺といった特殊詐欺の一種と考えられるため、警察へ連絡した方がよいでしょう。

本物でも悪意を持つ弁護士や司法書士がいる場合も

残念ながら、中には本物であっても悪意を持った弁護士や司法書士もいるようです。

このような弁護士や司法書士は、過払い金の相談をしただけで、高額な着手金や相場を大きく上回る成功報酬を請求されることがあるようです。

本物の弁護士や司法書士による過払い金の詐欺には、いくつかパターンが考えられます。

過払い金を事務所に着服されてしまう場合

弁護士や認定司法書士に過払い金返還請求の依頼をすると、過払い金の調査や貸金業者との交渉など、手続きのほとんどを代理人として進めてくれます。

非常に大きなメリットではありますが、反面、事務所と貸金業者の間でどのようなやり取りをしているのかまでは、依頼者がすべて把握をすることはできません。

これをいいことに、貸金業者から戻ってきた過払い金を正しく報告せず、一部を着服するような事務所があるようです

過払い金が満額返還されることは、裁判によって過払い金返還請求をしない限りは、ほとんどないといわれています。

例えば、100万円の過払い金が戻ってきたのに、80万円と報告し、差額の20万円を法律事務所が着服する、というようなことです。

実際、過払い金大手の法律事務所で、このような過払い金の着服が発生していたことがあり、大きな問題として報道されました。

違法な業者などと提携してお金を騙し取る場合

弁護士や司法書士の中には、俗に「提携弁護士・司法書士」と呼ばれる悪徳な人物もいるようです

提携弁護士・司法書士とは、違法な貸金業者(闇金)やNPO法人と提携し、紹介料と引き換えに多重債務者を紹介してもらい、過払い金請求などの手続きを利用して不当な利益を得ている弁護士や司法書士のことです。

提携弁護士・司法書士に過払い金請求を依頼してしまうと、手続き中に突然、連絡が取れなくなくなるなどのトラブルに見舞われることになってしまうようです。

結果的に着手金だけを騙し取られてしまう、ということになってしまうようです。

悪質な貸金業者

貸金業者の中には、取引履歴の請求をした際などに「利用者から過払い金返還請求をされるかも?」と感づくと、示談を持ちかけてくる場合もあるようです

例えば「利息をゼロにするので、元金のみの返済してくれますか?」や「借金もゼロにするので、お互いに債務(借金)も債権(借金を請求できる権利)もなしにしませんか?」といった内容です。

一見、有利な内容に思えるかもしれませんが、よくよく過払い金の引き直し計算をすると元金すら支払いが不要なケースもあります。

示談を持ちかけることは、厳密には違法とはいえません。

もし、示談の内容に合意してしまうと「民法上の和解が成立している」と見なされて、過払い金返還請求が難しくなってしまうでしょう。

貸金業者は金融業界のプロです。

あれこれと理由をつけて説得してくるので、専門的な知識がなければ、示談に合意させられてしまうケースも少なくありません。

示談による過払い金の解決を持ちかけられた場合は、返事をする前に、早い段階から信頼できる弁護士や司法書士に相談した方がよいでしょう。

過払い金返詐欺の手口とは?

過払い金詐欺をたくらむ相手は、さまざまな方法でお金を取ろうとします。

そもそも、過払い金詐欺をしてくる相手は、どのようにコンタクトしてくるのでしょうか?

直接電話をかけて勧誘してくる

直接電話によって「過払い金が発生しているようなので、返還請求をしませんか?」と持ちかけてくることがあるようです

しかもこの時、弁護士や司法書士と名乗って、さらに本人を名指しで電話をしてくることも考えられます。

先ほども説明しましたが、依頼していないのに弁護士や司法書士から「過払い金請求をしませんか?」などと電話で誘ってくることはありません。

自分から依頼しない限りは過払い金の調査なども行われませんので、身に覚えのない事務所を名乗った時点で詐欺の可能性は高いと考えられます。

さらに、名指しで電話をしてくるということは、何らかの手段で個人情報を得ていると考えられるため、詐欺である可能性がさらに高くなるといえるでしょう。

ポストに投函されたチラシによる勧誘

過払い金請求に関する郵便物やチラシがポストに投函されているケースもあります。

このような場合も、自ら依頼した弁護士事務所や司法書士事務所などでなければ、連絡は取らない方がよいでしょう。

連絡をしてみたら相談には乗ってもらえる場合もあるかもしれませんが、着手金だけを請求されたり、高額な費用を要求される可能性があるからです。

過払い金詐欺にあわないためには?

これまで、過払い金詐欺を仕掛けてくる相手や、その手口について説明してきました。

では、過払い金詐欺にあわないためにはどうすればよいのか?

その対策方法について、いくつか紹介します。

怪しい電話や広告は無視する

これまで紹介してきたように、過払い金請求に関する電話やチラシのうたい文句には乗らないことが一番です。

詐欺を仕掛けてくる相手は、10年の時効を提示して「早く過払い金請求の手続きを!」と執拗に迫り、焦らせて冷静な判断をさせないようにしてくることが多いそうです

少しでも怪しいと思ったら「過払い金詐欺では?」と疑い、電話を切るなど連絡を取らないようにしましょう。

あまりにもしつこい場合は、警察への相談も検討した方がよいかもしれません。

連絡を受けたら、まずは冷静になるよう一呼吸置いた上で、本当に自分の借金に過払い金が発生していたのか、よく調べてみましょう。

もし、本当に過払い金が発生している可能性が高いのであれば、怪しい電話やチラシを投函してくる事務所ではなく、信頼できる弁護士事務所や司法書士事務所に相談しましょう。

過払い金返還請求を依頼するなら信頼できる弁護士事務所や司法書士事務所へ

「本当に過払い金があるかもしれない」と思ったら、過払い金請求について相談する相手を慎重に選ぶことが重要です

前述したとおり、過払い金返還請求の手続きを代理で引き受けてくれるのは、原則、弁護士(借金や過払い金が140万円以下であれば認定司法書士も可能)だけです。

ただし、弁護士や司法書士なら安心、というわけではなく専門家の中で厳選する必要があります。

大手や知名だけではなく、「誠実」に対応してもらえるかどうかを選択基準にするといいでしょう。

以下がそのポイントです。

  • 相談や面談の際にも弁護士や司法書士が対応してくれる
  • メリットばかりではなく事前にデメリットの説明もしてくれる
  • 過払い請求の費用が明確である

詐欺に遭わず、確実にお金を取り戻すためにも、信頼できて、過払い金請求に強い事務所に依頼しましょう。

弁護士や司法書士以外に相談できるところはある?

とはいえ、いきなり弁護士や司法書士に相談するのは敷居が高い、という人もいるでしょう。

そうした人は、以下で紹介する機関に相談するのも手です。

過払い金返還請求の手続きを直接依頼することはできませんが、相談窓口となってくれたり、必要であれば弁護士の紹介などもしてくれたりします。

法テラス
国によって設立された法的トラブル解決のための総合案内所。電話、オンライン、面談による法律相談を無料で受け付けてくれて、過払い金返還請求など弁護士が必要な場合は紹介もしてくれる。
日本クレジットカウンセリング協会
クレジットや消費者ローンを利用して多重債務に陥っている人に対して、公正かつ中立なカウンセリングを行う。借金の返済が難しい人であれば、任意整理による借金問題の解決も。任意整理の中で過払い金の調査もしてくれる。
弁護士会法律相談センター
東京の3つの弁護士会(東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会)が運営する法律相談所。相談料は原則として30分以内5,500円(税込)。過払い金の相談なども受け付けてくれる。
自治体の無料法律相談
全国の区役所・市役所で定期的に行われている無料の法律相談。弁護士が対応し、過払い金の相談や、過払い金詐欺から連絡を受けた場合の相談などにも対応してくれる。多くの場合、1回30分程度に限られる。

もし過払い金詐欺にあったら?

過払い金詐欺に遭ってしまうと、時間が経てば経つほどお金を取り戻すことは困難になります

過払い詐欺に遭ったら、できるだけ早く、警察や消費者生活センターに相談にすることが大切です。

特殊詐欺や身分を偽っての詐欺といった違法性のある場合は、警察が捜査を行いますし、逮捕に至ったケースも少なくありません。

悪質な弁護士や司法書士が相手なら、所属している弁護士会・司法書士会を通じて懲戒請求ができます。

貸金業者相手の場合は、示談和解前であれば、別の弁護士や司法書士に依頼して代理人の変更ができます。

いずれにしても、詐欺被害に遭ったらすぐに行動することが大切なのです。

この記事のまとめ

過払い金詐欺をたらくむ相手からの連絡はかかってくる可能性があります。

過払い金詐欺の被害者にならないために押さえておきたいポイントは以下のとおりです。

  • 怪しい電話はポストへの投函チラシなどは怪しいため無視した方がよい
  • 弁護士や司法書士と身分を偽っている詐欺もある
  • 本物の弁護士や司法書士でも悪質な事務所もあるので注意
  • 過払い金請求は誠実で信頼できる事務所へ自ら依頼しよう

過払い金があるかもしれないと思ったら、詐欺に惑わされず、自分から弁護士や司法書士に相談すること。

信頼ができて、過払い金請求の実績がある事務所への依頼を検討してはいかがでしょうか?

宮城 誠
監修者:司法書士法人みつ葉グループ 代表司法書士
宮城 誠
  • 司法書士会所属:福岡県司法書士会 第2033号 、簡裁認定司法書士番号 第1229026号
  • 出身地:宮城県生まれ福岡市育ち
  • 経歴:2011年九州大学経済学部卒業。2012年司法書士試験合格。大手司法書士事務所で約6年経験を積み、2018年みつ葉グループ入社。
  • コメント:お客様のお悩みやご不安なことが一つでも多く解決できますよう、誠実かつ丁寧に対応させていただきます。お気軽にご相談ください!
  • 宮城誠の詳細プロフィール

おすすめ記事