Category
過払い金

2020.12.24 2021.11.17

過払い金請求が住宅ローンに及ぼす影響とは?ローン審査の注意点

返済を終えた住宅ローンにも、過払い金は発生するの?
過払い金請求をしたいけど、住宅ローンの審査に影響するのでは?

結論から述べると、住宅ローンに過払い金が発生することはありません

また、借金を完済していれば、過払い金請求が住宅ローンの審査に影響を及ぼすこともないといえます。

ただし、借金返済中に限っては、過払い金請求後の一定期間、住宅ローンの審査に通りにくくなる可能性があります。

この記事では、過払い金請求と住宅ローンの関係、過払い金請求後に住宅ローン審査を申し込む場合の注意点などについて、詳しく解説します。

\ 24時間365日受付中!/

まずはお気軽にご相談ください

電話アイコン
0120-801-534
男性アイコン
女性アイコン

\いくら減らせるか知りたい/

電話アイコン 借金減額診断はこちら
  • 何度でも無料相談OK
  • 全国対応
  • オンライン面談も可能
借金減額診断とは?

ご自身の借入金額や返済状況をもとに、借金をいくら減額できるか無料で診断できるツールです。

「借金減額診断 3つの特徴」

  • 1分で簡単に診断できます
  • 診断後に無料で解決方法を相談することもできます
  • 24時間いつでも診断できます

「住宅ローン」は「過払い金請求」の対象になる?

第一に知っておきたいことは、住宅ローンで過払い金は発生しないということ。

過払い金とは、「利息制限法」で定められた上限を超えて払いすぎた利息のことです。

過払い金が発生する仕組み

図の「グレーゾーン金利」に当てはまる部分が、過払い金です。

借入額によって「利息制限法」の上限金利は変わりますが、最低でも年15.0%を超える利息を支払っていなければ、過払い金は発生しません。

住宅ローンも借金ではありますが、一般的な金利は年2.0〜4.0%程度です

もちろん法律の範囲内で、利息を払いすぎることはないため、過払い金も発生しないのです。

「過払い金請求」したら「住宅ローン審査」に通らなくなる?

過払い金請求が住宅ローンの審査に及ぼす影響に関しては、借金の残高によって異なります

過払い金請求のタイミング 住宅ローン審査への影響
借金完済後 影響なし
借金返済中(過払い金>借金) 影響なし
借金返済中(過払い金<借金) 影響あり

ちなみに、配偶者がローンを申し込む場合は、自身の過払い金請求がどのような状況であっても、配偶者のローン審査に影響することはありません。

ただし、配偶者が自身の借金の保証人になっていると影響が出てくるので、弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1 「借金完済後」に過払い金請求する場合

完済後であれば、過払い金請求がローンの審査に影響を及ぼすことはありません

かつて、過払い金請求は「契約見直し」という事故情報として登録されました。

しかし、2010年に金融庁が指定信用情報機関の条件として「契約見直し」登録の削除を命じたため、過払い金請求は原則的に信用情報に載らなくなったのです。

2 「借金返済中」に過払い金請求する場合

借金返済中に過払い金請求を行う場合は、住宅ローン審査に影響する可能性があります

ポイントは、取り戻した過払い金で借金を完済できるかどうかです。

戻ってきた過払い金で完済できる(過払い金>借金)

過払い金請求によって借金が帳消しになれば、信用情報機関に事故情報が登録されることはないため、住宅ローンの審査には影響しません。

ただし、過払い金請求の手続きが完了するまで、一時的に「債務整理(任意整理)」として事故情報が登録されるケースがあります。

もちろん、過払い金によって残債がなくなれば完済として登録され、事故情報も削除されるはずです。

しかし、事故情報が残っていれば審査に通りにくくなるため、ローンの申込は念のため過払い金の請求手続きが完了してから行うとよいでしょう。

過払い金が戻っても借金が残る(過払い金<借金)

過払い金を取り戻しても借金が残る場合、過払い金請求は「債務整理(任意整理)」扱いとなり、事故情報として登録されてしまいます。

ただし、ブラックリストに載る期間は完済から5年程度です。

事故情報が削除されれば、住宅ローン審査への影響はなくなります。

3 ブラックリストに載る可能性があるケース

過払い金請求を行う際、以下の4つのケースに当てはまる場合も、ブラックリストに載る可能性があります。

  1. クレジットカードのショッピング枠に過払い金額を上回る利用残高がある
  2. 過払い金請求をする業者が保証会社になっているカードローンから、過払い金を上回る金額の借金をしている
  3. 過払い金請求をする業者が合併した業者から過払い金を上回る金額の借金をしている
  4. 過払い金請求をする業者の関連会社から過払い金を上回る金額の借金をしている

事故情報が削除されるまでの期間は、ローン審査に通りにくくなるので、事前に確認しておきましょう。

1.クレジットカードのショッピング枠に過払い金額を上回る利用残高がある

クレジットカードのキャッシング枠で発生した過払い金請求を行う場合、同じカードのショッピング枠に利用残高があると、発生していた過払い金がその支払いにあてられます

過払い金をあててもショッピングの利用残高が残ってしまう場合、「債務整理(任意整理)」扱いとなり、事故情報が登録されてしまうのです。

2.過払い金請求をする業者が保証会社になっているカードローンから過払い金を上回る金額の借金をしている

過払い金請求の対象となる金融業者が保証業務を行っているカードローンからの借入があり、返済を延滞・滞納している場合は、保証会社が「代位弁済」を行います

「代位弁済」とは、延滞や滞納を繰り返した場合に、保証会社がお金を借りた人(債務者)に代わり一括返済することです。

代位弁済が行われても返済義務がなくなるわけではなく、保証会社に返済しなくてはなりません。

過払い金と相殺してもカードローンの借金が残る場合は、「債務整理(任意整理)」扱いとなり、事故情報が登録されてしまいます。

3.過払い金請求をする業者が合併した業者から過払い金を上回る金額の借金をしている

過払い金請求の対象となる業者のほかに借金返済中の業者があり、その2社が合併している場合も、過払い金と借金が相殺される可能性があります。

2社が合併する場合も、借金が残ってしまえば「債務整理(任意整理)」扱いとなり、事故情報が登録されてしまうのです。

4. 過払い金請求をする業者の関連会社から過払い金を上回る金額の借金をしている場

過払い金請求の対象となる業社と借金返済中の業者が同じグループ会社の場合も、過払い金と借金が相殺される可能性があります

ほかのケースと同様に、借金が残る場合は「債務整理(任意整理)」扱いとなり、事故情報が登録されてしまいます。

「 過払い金請求」後に「住宅ローン」を申し込む際の注意点は?

過払い金請求後に住宅ローンの申し込みを考えているのであれば、以下のポイントを押さえておきましょう。

過払い金請求手続きが完了するまで住宅ローンには申し込まない

過払い請求と住宅ローン審査の同時進行は、あまりオススメできません。

借金返済中に過払い金請求を行う場合、一時的に事故情報が登録される可能性があるからです。

過払い金請求の手続き中はブラックリストに載っている状態だと考え、手続きが完了するまで住宅ローンの申し込みは行わない方が無難です。

過払い金請求をした業者や関連会社の住宅ローンには申し込まない

過払い金請求をした金融業者や関連会社の住宅ローンに申し込むと、審査に通りにくくなる可能性があります。

過払い金請求をしたことが業者の社内情報として永続的に残り、グループ企業に共有されるケースがあるためです。

グループ展開している企業の例
三菱UFJフィナンシャル・グループ ・三菱UFJ銀行
・アコム
・三菱UFJニコス
・ジャックス
・ジャルカード
・三菱UFJローンビジネス
など
三井住友フィナンシャルグループ ・三井住友銀行
・SMBCファイナンスサービス(旧セディナ)
・SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
・SMBCモビット
など
みずほフィナンシャル・グループ ・みずほ銀行
・オリエントコーポレーション
・LINE Credit
など

「住宅ローン審査」でチェックされるのは信用情報だけではない?

住宅ローンを組む際の審査では信用情報だけでなく、年収や属性など、さまざまな情報をもとに、金融業者が「ローンの返済ができるか」を判断していきます。

ローン審査の基準は公開されていませんが、国土交通省の「令和元年度民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」によると、借入時・完済時の年齢や勤続年数、現在の健康状態、担保評価(物件の価値)、返済負担率(年収に占める年間返還額の割合)などを審査時に重視する金融機関が多いようです。

したがって、信用情報に問題がないのに、審査を通らないこともよくあります

例えば、返済負担率は住宅ローン以外の借入残高も含めて計算するため、ほかに借金を抱えている状態だと「返済できない」と判断され、住宅ローンを組めなくなってしまうのです。

「過払い金請求」は「返済中の住宅ローン」に影響する?

過払い金請求が、すでに組んでいるローンに影響を及ぼすことはありません

過払い金請求後に借金が残り、信用情報に事故情報が登録されたとしても、住宅ローンの一括返済や契約の見直しを求められることはないといっていいでしょう。

過払い金は、最後の取り引きから10年が経つと、請求できなくなってしまいます

そのため、過払い金が発生している可能性がある場合は、住宅ローンを返済している最中であっても、早めに請求したほうがいいでしょう。

借金返済に困っている場合は弁護士や司法書士に相談しよう

ここまで説明してきたことを総括すると、将来的に住宅ローンを組もうと考えている人は、まず借金を完済することが重要だといえます。

また、過払い金の時効が来る前に請求をすることも大切でしょう。

ただ、過払い金請求や住宅ローン申し込みのタイミングを個人で判断するのは、難しいものです。

弁護士や司法書士といった専門家に相談・依頼するのも、1つの方法となります。

専門家に依頼すると以下のようなメリットを期待できるでしょう。

メリット
  • 正確な過払い金額を算出した上で、過払い金請求したほうがいいかを判断してもらえる
  • 取引履歴の取り寄せから借入先との交渉まで手続きを代行してもらえるため、手間がかからない
  • 自分で手続きするよりも多くの金額を取り戻せる可能性が高い
  • 今抱えている借金の返済が困難な場合は、自分の状況に合った解決方法を提案してもらえる

過払い金を取り戻すことができれば、そのお金を住宅ローンの頭金に充てることもできます。

過払い金が発生している可能性がある人は、専門家による無料相談の利用を検討してみるとよいでしょう。

この記事のまとめ

過払い金請求と住宅ローンの関係は以下のとおりです。

  • 住宅ローンで過払い金が発生することはない
  • 借金完済後の過払い金請求は、住宅ローン審査に影響しない
  • 過払い金請求をしても借金が残る場合は、一定期間、住宅ローン審査に通りにくくなる
  • 過払い金請求の手続き中はブラックリストに載っているものと考え、手続き完了まで住宅ローンの申し込みは行わない方が無難
  • 住宅ローンの審査では年齢や勤続年数、返済負担率などもチェックされる
  • 過払い金請求は、返済中の住宅ローンにも影響しない

そもそも過払い金が発生しているのか、現状で住宅ローンを組めるのかといった疑問が出てきたら、弁護士や司法書士に相談してみましょう。

宮城 誠
監修者:司法書士法人みつ葉グループ 代表司法書士
宮城 誠
  • 司法書士会所属:福岡県司法書士会 第2033号 、簡裁認定司法書士番号 第1229026号
  • 出身地:宮城県生まれ福岡市育ち
  • 経歴:2011年九州大学経済学部卒業。2012年司法書士試験合格。大手司法書士事務所で約6年経験を積み、2018年みつ葉グループ入社。
  • コメント:お客様のお悩みやご不安なことが一つでも多く解決できますよう、誠実かつ丁寧に対応させていただきます。お気軽にご相談ください!
  • 宮城誠の詳細プロフィール

おすすめ記事