メールで相談する 0120-56-9911

解決事例

その他の相続手続き

【50代 男性 解決費⇒約30万円】遺留分の請求が認められた事例

ご相談内容

お父様を亡くしたご相談者様から、遺留分侵害額を請求したいとお問い合わせがありました。
お話を伺うと、「長男(ご相談者様のお兄様)に全財産を相続させる」という遺言書が見つかったとのことです。

ご提案と解決まで

お問い合わせの段階で紛争性がありましたので、弁護士におつなぎいたしました。

弁護士がご相談者様にヒアリングしたところ、相続人は兄弟2人のみで、遺産は預貯金と不動産があり、計算したところやはりご相談者様の遺留分が侵害されていると判明しました。

兄弟間の仲が悪く信頼関係が破綻しており、話し合いでの解決が困難な状況でしたので、弁護士が代理人となり、調停を申し立てることになりました。

結果

調停でもまとまらず、最終的には訴訟に移行することになり、裁判で裁判官から和解案が提示されました。結果として、ご相談者様の遺留分相当額をお兄様が支払うという内容で和解が成立しました。

解決事例TOP