『任意整理』で婚約者の借金返済額を減額に成功。

今回の相談者様は、婚約後、婚約者である妻に借金があることが発覚し、これから結婚するにあたってきちんと整理をしたいとのことでした。

婚約者の借金総額は、プロミスなどの消費者金融と友人からの借入も合わせて781万円にもおよんでいましたが、毎月の返済額を減らせばきちんと返済できるということを説明させていただきました。

相談者 30代男性
借入状況 プロミスなど5社+友人からの借金総額781万円、月々の返済額20万円
相談結果 月々の返済額8万円(友人への返済は別途5万円)

プロミスなどから約500万円+友人から約300万円もの借金が婚約者に。

婚約者の借金は、プロミスからの100万円の借入を始め、その他消費者金融やショッピングでの借入等合計で約500万円程ありました。さらに、友人からも借金をしており、無利息ではありますが約300万円を借りている状態でした。婚約後に、妻にこの借金があることが発覚し今後結婚するにあたって二人できちんと整理していきたいとご相談を受けました。

友人への返済も含めて毎月20万円を返済していたようですが、月収は二人合わせて40万円程度だったため、今後結婚することも考えると経済的に厳しい状況でした。友人への返済もきちんとするためにも、消費者金融などから借りた分について返済額を減らせる方法を検討いたしました。相談者様のご希望としては、自己破産はできないが、毎月の返済額を15万円まで抑えられればなんとか生活できそうだということでした。

『任意整理』で借金を減額し毎月の返済額は20万円⇒13万円に。

消費者金融、ショッピングなど合計5社からの借金を減額するにあたって任意整理という方法を提案いたしました。任意整理をすることで、今後、利息分については返済する必要がなくなるため借金総額が減ります。利息がなくなるということは、もともと借りた金額のみの返済で済むので、返済の終わる目途が立ちやすくなります。

今回、婚約者にあった消費者金融などからの借金の将来の利息をカットしたうえで、無理のない返済計画を立てることができました。その結果、毎月の返済額を8万円に抑え、友人への毎月の返済額5万円と合わせても月々13万円の返済で済むようになりました。

この返済額について相談者様は、決して楽な返済額ではないけれど、以前に比べたらかなり負担が減り、何よりも将来の利息がなくなったことで返済の目途が立って良かったとおっしゃっていました。

任意整理をして収入と支出を見直し、生活の立て直しを

今回の相談者様は、婚約者の借金に不安を持ちつつも二人で協力してきちんと返済して生活を立て直していきたいという強い意志をお持ちだったので、私たちも一層力を入れて対応させていただきました。任意整理をすることで、収入と支出自体を見直すきっかけにもなるので、長年借金をしていた方でも生活の立て直しを図ることができます。借金を放置して時効を待つのは危険なので、返済して生活を立て直すことを考えてもいいかもしれません。

借金でお悩みの方、まずは一度ご相談ください。無料で相談いただけますので、お気軽にお電話いただけたらと思います。

関連記事

パチンコで200万円の借金。毎月の返済額が10万円に

「生活苦から趣味であるパチンコに熱中してしまい、それが…

エポスカード支払い滞納のリスク。任意整理で月返済額を減らした事例

目次エポスカードで200万円の借金。2ヶ月の滞納で催促・督促の電話が来るように・・・エポスカードの借金を『任意整理』して督促ストップ!将来の利息カットに成功。 エポスカードの返済が200万円あり期日に ...

督促を止めたい…無視したら危険な借金返済の督促3パターン

目次借金を滞納すると自宅や職場に電話が来ることも。無視していると大変です業者から督促状が届いたら危険信号!一括返済は厳しい・・・裁判所からの督促状を無視するのは禁物!訴訟や差し押さえを回避する方法とは ...

プロミスの借金を債務整理して、月々の返済を5.5万円⇒2万円に!

目次プロミスなどの消費者金融から借金。返済が滞り気味になり債務整理できるか相談プロミスなどの消費者金融から借金。返済が滞り気味になり債務整理できるか相談任意整理で月々の返済5.5万円⇒2万円!将来の利 ...

夫婦の借金を債務整理。返済金額が月々15万円⇒9.2万円に。

目次夫婦二人で443万円の借金。1~2年の間に借金が膨らみ生活が圧迫される。夫婦二人の借金を任意整理、毎月の返済額を15万円から9.2万円の減額。 今回の相談者様は30代の女性で、夫にも借金があり、二 ...