2020.06.01更新

アコムの借金は債務整理で解決!手続き方法と知っておきたい注意点

アコムで借金しすぎてしまった。どうしよう…
アコムの借金は債務整理で解決できる?

アコムの借金でお困りの時は、債務整理による解決を検討してみてはいかがでしょうか?

債務整理の中でも利用しやすいのは任意整理です。

アコムの借金をスムーズに解決するために、

  • 債務整理の中で任意整理がおすすめの理由
  • 任意整理の効果や流れ
  • 任意整理で気をつけること

などをおさえておくと良いでしょう。

アコムの借金は債務整理できる

アコムの借金は債務整理ができます。

債務整理には主に自己破産、個人再生、任意整理があり、アコムは基本的に任意整理に応じる消費者金融です。

アコムとは?

1978年創業のアコムは、テレビや交通機関での広告量が多く、高い知名度を誇る消費者金融会社です。
2004年に三菱東京ファイナンシャルグループ(現在の三菱UFJフィナンシャル・グループ)と提携し、関連会社となりました。

取り扱う商品は無担保・無保証のカードローン(キャッシング)に加え、ショッピング機能が付いた「ACマスターカード」も発行しています。

カードローン、ショッピングともに定率リボルビング方式での返済です。

  • 定率リボルビング方式とは

ローン残高に一定の割合を掛けて毎月の返済額を決める方式です。
低額な返済額を毎月支払っていくので返済負担は軽く感じがちですが、最終的な返済総額は一括払いよりも大きくなります。

アコムのサービスの特徴として、
・最短30分で審査回答(即日振込みあり)
・いつでも返せて、利息は利用日数分のみ
・ネットやATMから24時間借入れと返済が可能
があります。

このように、返済の仕組みやサービスの特徴から、ついつい利用して借入が膨らみやすくなってしまいがちです。

かつては柔軟に任意整理に対応していましたが、近年は徐々に条件が厳しくなっています。
基本的に利息カットには応じてもらえますので、任意整理を行うなら早めに検討すると良いでしょう。

アコムの借金は任意整理がおすすめ

アコムの借金には任意整理がおすすめです。
任意整理は自己破産や個人再生よりも家族や職場に知られにくく、手続きも短期間で終わります。

条件が厳しくなっているとは言え、将来の利息分がカットされるだけでも負担は変わります。 一番簡素化できる手続きに応じてもらえるのですから、任意整理を進める方が得策と言えるでしょう。

弁護士や司法書士のような専門家に依頼すれば、手続きの負担も重くありません。

アコムの任意整理でできること

アコムの任意整理では次のような効果が得られます。

利息と遅延損害金のカット

任意整理の和解日から生じる将来利息をカットできます。
和解日までに発生する経過利息や、返済が遅れたことによる遅延損害金も、交渉次第でカットできるケースがあります。

返済期間の延長

任意整理によって返済期間の延長が見込めます。
以前は対応が柔軟で、61回以上の分割払いで和解できることもありましたが、現在は最長5年(60回)までの分割払いが現実的です。

返済期間を延長することで、毎月の負担額を減らすことが出来ます。

過払い金の請求

2007年6月17日以前からアコムを利用していれば、過払い金が発生している可能性があります。
過払い金が発生している場合は任意整理の交渉によって取り戻せます。
アコムは三菱UFJのグループで資金面に余裕があるため、過払い金交渉もしやすいと言われています。
なお、完済ずみでも過払い金の交渉は可能ですが、最後の返済日から10年が経つと時効で請求できなくなるので注意して下さい

アコムの借金を任意整理するメリットと流れ

アコムの借金を任意整理するとどんなメリットがあるのでしょうか。 任意整理の流れと合わせて押さえておきましょう。

任意整理のメリット

任意整理をする主なメリットは次の通りです。

裁判所を通さない

任意整理は裁判所を通さない手続きなので、自己破産や個人再生より手間がかからず、依頼者が用意する必要書類も多くありません。

和解交渉がスムーズに進みやすい

任意整理は和解するまでの交渉期間が4~5ヵ月とスムーズに進みやすいです。
自己破産と個人再生は6ヵ月以上かかることがあります。

家族や会社に内緒にしやすい

任意整理は家族や会社に内緒にしやすい手続きです。
自己破産や個人再生は官報(国が発行する機関紙)に住所や氏名が載るため、少なからず家族や会社に知られる可能性がありますが、任意整理は官報に掲載されません。

専門家に相談して良い条件で解決

任意整理は、専門家に相談することで、良い条件で解決できる可能性が高くなります。
具体的なメリットは次の通りです。

アコムからの督促がストップする

専門家に任意整理を依頼すれば、受任通知(専門家が依頼者の代理人になったことを伝える書類)をアコムに送付してくれます。
受任通知がアコムに到達した後、督促はストップします。

有利に交渉しやすい

任意整理の経験が豊富で、消費者金融の事情に詳しい専門家であれば、アコムとの交渉が有利に進みやすいです。
最新のアコムの対応を踏まえて、返済回数や利息カットの交渉を行ってもらえるでしょう。

任意整理の流れ

任意整理のおおまかな流れは次の通りです。

  1. 専門家へ相談
  2. 専門家と委任契約
  3. 受任通知送付
  4. 委任契約から即日~2日以内に専門家がアコムに受任通知を送付します。
    受任通知が到達次第、アコムからの督促はストップします

  5. 取引履歴の開示請求
  6. 取引履歴を元に、専門家が利息の引き直し計算を行った後、和解交渉がスタートします。

  7. 債務額の確定
  8. 和解
  9. 委任契約から4~5ヵ月が目安です。

  10. 支払い再開
  11. 支払いの再開は、和解から3~5ヵ月先で、返済期間の目安は3年~5年(36~60回)です。

アコムの債務整理をするときにおさえておくポイント

債務整理には少なからずリスクが伴います。
できるだけリスクを軽減するために、アコムの任意整理をする前には次のポイントを押さえておくといいでしょう。

交渉条件が厳しくなりつつある

アコムの任意整理は昔よりも条件が厳しくなりつつあります。
以前は61回以上の分割払いで和解できることもありましたが、現在は最長5年間(60回)までの分割払いが現実的です。

また、借入期間が1年前後の場合は家計状況を細かく聞かれたり、さらに短い借入期間だと任意整理できないこともあるようです。

今後さらに対応が厳しくなる可能性もありますので、手続きは早めに進める方が良いでしょう。

一定期間はブラックリスト入りになる

任意整理すると約5年間は信用情報機関に事故情報として記録が残ります。
いわゆるブラックリスト入りの状態です。
事故情報が消えるまでは、各種ローンを組んだり、クレジットカードを発行したりすることができなくなります。

事故情報回復後もアコムは使えない可能性が高い

信用情報機関から事故情報が消えた後も、アコムは使えない可能性が高いです。
アコム独自のブラックリスト(社内ブラック)は残るため、再度アコムに申し込んでも審査に通ることは難しくなります。

また、アコムは三菱UFJグループの系列なので、三菱UFJ銀行、auじぶん銀行、ニコス、中京銀行といった系列会社の利用もできない可能性が高くなります。

この記事のまとめ

アコムの借金は債務整理できます。 中でもおすすめの手続きは任意整理で、アコムは基本的に任意整理に応じている消費者金融会社です。

任意整理によって利息や遅延損害金のカット、返済期間の延長が見込めますが、アコムの任意整理対応は年々厳しくなっています。 借入期間が短か過ぎる場合など、借り入れの条件によっては任意整理の交渉が難航することも予想されますので、早めに任意整理を行う方が良いでしょう。

任意整理の経験が豊富な専門家に相談すれば、アコムと有利な条件で和解できる可能性が高くなります。 まずは専門家への無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

エポスカードは債務整理できる!借金の解決法と知っておくべき注意点

「エポスカードを使いすぎて月々の支払いが苦しい」 「

プロミスの借金を債務整理するときの有効な解決手段と注意点とは?

「プロミスの借金が返せない・・・、債務整理で解決できるの?」 プ…

ポケットカードは債務整理できる?手続きから注意点まで詳しく解説

「ポケットカードでも債務整理はできるの?」 クレジットの支払…

家族にバレない債務整理は?バレるきっかけや手続き後の注意点も解説

「債務整理をしても家族にバレない方法はある?」 債務整理は借…

債務整理すると結婚はできない?結婚生活への影響とリスクへの対処法

「債務整理すると結婚はできない?」 「結婚…